ガスクロマトグラフィー
(Gas Chromatography:GC)
ガスクロマトグラフィー/質量分析
(Gas Chromatography/Mass Spectrometry:GC/MS)

原理

多成分の混合物を単一の成分に分離するクロマトグラフィーの手法のうち、ガスクロマトグラフィー(Gas Chromatography;GC法)は移動相に気体を用いる手法である。
GC法では成分ごとの分離は、主に分析対象成分の蒸気圧とその化合物のカラム固定相への親和性の差を用いて行われる。
分離された各成分の検出には水素炎イオン化検出器(FID)や熱伝導度型検出器(TCD)が一般的に使用される。検出器に質量分析計を接続したものが、ガスクロマトグラフィー/質量分析装置(GC/MS)である。

ガスクロマトグラフの構造

ガスクロマトグラフィーの原理

分析事例検索はこちら