MALDI-MS分析
(Matrix Assisted Laser Desorption/Ionization-Mass Spectrometry:MALDI-MS)

原理

試料および大過剰のマトリックス試薬(N2レーザー(波長337nm)のエネルギーを吸収する化合物)の均一な混合物にレーザーを照射することにより、まずマトリックス試薬がそのエネルギーを吸収する。吸収したエネルギーにより、マトリックス試薬は周囲の試料分子とともに気化し、気化した試料分子にプロトンおよびカチオンが付加することによりイオン化される。なお、中性の化合物の場合、イオン化を促進させるためにカチオン化剤を加える場合もある。

MALDI イオン化の原理

分析事例検索はこちら