微小異物分析・付着物分析 
"その異物あきらめないで"

今の異物分析、満足されていますか?
異物は、形態やサイズなど、その発生状況は千差万別。だから、分析もオーダーメードである必要があります。
すぐに適切な分析手法を選択できるか、少しでも踏み込んだ考察ができるか、これらは長年の経験と実績がモノを言います。
個々の分析技術・解析力の高さはもちろんのこと、分析手法の選択肢の多さとその連携も我々の強みです。過去の豊富な経験に基づく提案から、他社の追随を許さない高度な分析技術・解析力、トラブル解決策のご提案・ご助言まで、分析のプロフェッショナル集団たる所以をお見せいたします。
これまで評価できなかったけれどもTRCに依頼して由来が判明したと言われる事例も多数。
他社でできないと言われた内容や結果に満足できなかった内容でも是非お問い合わせください。

「独自サンプリング」と「ディスカッション力」で解決します

東レリサーチセンターが選ばれる理由

  • 年間150社以上から異物分析を受注
  • 40年間にわたり、40000件以上の受注実績
  • 豊富な知見に基づく分析提案、結果解析、ソリューション対応
  • 日本分析化学会 有功賞受賞熟練者在籍
     特殊サンプリングにも対応(極微小異物、浮遊異物、変色等)
  • 多彩な分析手法、多彩なスペックの装置を保有
  • 幅広い分野に対応
     樹脂、フィルム、繊維、半導体デバイス、電池、ディスプレイ、自動車、医薬、生体、再生医療材料等

NEW!
近日、「光熱変換分光法:O-PTIR(Optical Photothermal IR Spectroscopy)」を導入予定です。 従来不可能であった0.5μm~数μmレベルでの異物の組成分析、異常部の構造解析、分布評価が可能になります。
従来技術と合わせますと、0.1μm~サブmmの広範囲にわたり対応可能です。是非お問い合わせください。

異物のお悩み解決します!(動画)

関連資料 以下より関連資料(PDF)をダウンロードできます。(要フォーム入力)

  • 関連資料
  • 関連資料

異物分析事例とお客様の声
「A社様:樹脂成型品中の異物の分析事例」

1.以下の写真から、異物は樹脂内部に存在していることがわかります。

  • 最表面に焦点を合わせて観察最表面に焦点を合わせて観察
  • 内容異物に焦点を合わせて観察内容異物に焦点を合わせて観察

※断面イメージ(樹脂成型品中に埋もれている)
※断面イメージ(樹脂成型品中に埋もれている)

2.そのまま透過法でFT-IR測定を行なっても、樹脂のスペクトルに埋もれてしまいます。
そこで、当社の「独自サンプリング」により、異物のみを摘出します。

★ポイント
すべて手作業でのサンプリングです。
手作業のため、異物が存在している深さや異物の硬さが指先を通じて伝わり、正確なサンプリングが可能です。

異物に由来する正確な情報を得るために
微小領域でのサンプリングが重要

3.採取した異物について、顕微FT-IRにて組成分析を実施しました。(クリックすると画像が拡大します)

  • 異物の赤外スペクトル異物の赤外スペクトル
  • セルロース加熱時の赤外スペクトルセルロース加熱時の赤外スペクトル

セルロースやCO結合やCC結合と推測される吸収帯が検出されました。

異物は、セルロースの熱変性物であると考えられ、工程内の熱のかかるような箇所で
滞留していた異物に由来する可能性があることがわかりました。

単なるデータベースとの照合だけではなく、幅広い分野での豊富な分析経験をもとに、製造工程や 周辺部材に関する情報も含めて、課題解決に繋がるより正確な考察を迅速に実施いたします。

★A社様の声:
サンプルを持ちこんだ当日中という超特急の対応で結果速報を頂きました。
すぐに現場にて異物の由来を絞り込みを行い、素早い対策を施すことができました。
データの質、結果に対する説明だけでなく、事前打ち合わせから速報までの特急対応に大変満足しています。大変貴重な情報を有難うございました。

エキスパートにお任せください

多年にわたり分析の実務に従事して功労のあった者に対して、公益社団法人 日本分析化学会より授与される「有功賞」*の受賞者が2名在籍しています。豊富な経験を活かして、極微小異物(~5μm)、浮遊異物、劣化物の評価も行っておりますので、是非お問い合わせください。今後も皆様の研究開発のお役に立てるよう、分析・解析技術の向上につとめてまいります。

  • *本賞は微小異物分析で信頼性の高い評価結果をご提供し続けてきた成果が認められたものです。

異物分析事例(技術資料)

※リンクをクリックすると事例・手法へ

分類 事例 手法(原理)
半導体・実装 TOF-SIMSによる有機物の高感度分析 TOF-SIMS
NanoSIMSによる半導体デバイスの評価 NanoSIMS
FE-EPMAによる微量・高空間分解能分析 EPMA
レーザー気化導入ICP-MSによる材料中の局所分析 -LSIワイヤーボンディングの不純物測定- LA-ICP-MS
ディスプレイ 顕微FT-IR法によるカラーフィルター上異物の分析 顕微IREPMA
新規サブミクロン赤外分光による微小部組成分析 O-PTIR(Optical Photothermal IR Spectroscopy)
プリンタ インクジェットノズルつまり物の分析 顕微IR顕微ラマン
電池 LA-ICP-MSによる太陽電池用シリコンの不純物分布測定 LA-ICP-MS
顕微赤外イメージングの活用 顕微IR
自動車 樹脂が剥がれてしまったら・・・ TOF-SIMSXPSFT-IR顕微IR、接触角、SEM
工業製品 工業製品中の生物由来異物の分析 HPLCMSGC、アミノ酸分析計、プロテインシーケンサーなど
TOF-SIMSによる有機物の高感度分析 TOF-SIMS
樹脂・フィルム 樹脂中異物分析へのアプローチ 顕微IR顕微ラマン、SEM-XMA、DI-MS
樹脂が剥がれてしまったら・・・ TOF-SIMSXPSFT-IR顕微IR、接触角、SEM
顕微赤外イメージングの活用 顕微IR
異物分析の進め方 顕微IR、SEM-XMA
AFM-IR(nanoIR)による高分子フィルム内部の劣化分析と微小異物分析 AFM-IR
LA-ICP-MSによる高分子材料・生体試料の高感度元素イメージング LA-ICP-MS
フィルムの製品トラブル原因追究のための分析 顕微IR顕微ラマンTOF-SIMS1H-NMR
医薬品 顕微FT-IRよる錠剤の異物分析 顕微IR
製剤、原料中の生物由来異物及び不純物の分析 顕微IR
医薬品の無機元素分析(LA-ICP-MS) LA-ICP-MS
ICP-MSによる医薬品中の元素(金属)不純物分析 ICP-MS
生体試料 LA-ICP-MSによる高分子材料・生体試料の高感度元素イメージング LA-ICP-MS

異物分析ご依頼フロー

1.異物に関する情報をご提供ください

分析方法などを仮提案いたします(可能であれば即日回答)
異物の情報を「異物分析問合せシート」にご記入の上、
お問い合わせアドレス<bunseki(at)trc.toray.co.jp>に添付でお送りください。
※ (at) は @ に置き換えてください。
※「異物分析問合せシート」は下記のどちらかをお使いください。
  →【エクセル版】【パワーポイント版

2.異物サンプルをお送りください

実際に異物を拝見した上で測定方法を決定しご提案させていただきます。
サンプルの送り方は下記をご覧ください。

3.分析方法・費用・納期をご提案します
(ここまで費用は発生しません)

  • 費用随時お見積りします。お問い合わせください。
  • 納期:2週間程度でE-Mail速報、3週間納品
  • お急ぎでしたら特急対応(費用加算有)もいたしますのでご相談ください。

4.ご発注 ~結果ご報告~
(お支払いへ)

分析結果はまずはE-Mailにて概要を速報いたします。

異物試料の送付方法(フィルムやシート状試料)と送り先

1.スチロールケースに入れてご送付ください。

  • スチロールケースに入れる●スチロールケースに入れる
  • 蓋をして異物存在面が触れないようにする●蓋をして異物存在面が触れないようにする
  • 測定手法によっては、マジックインキでのマーキングが分析に影響を及ぼす場合があります。
    ご不明な場合は、お問い合わせください。
  • ケースがない場合は、シワにしたアルミホイルに、なるべく異物が触れないように包んで送付ください。

注意!
チャック付きPE袋に直接入れることは、異物の紛失や汚染につながります!

2.その他の試料

  • 多量の粉体の場合:スクリュー管や薬包紙、アルミホイルに包んで送付ください。
  • 液体の中の異物:透明なスクリュー管に入れて送付ください。

3.異物試料送付先

〒520-8567
滋賀県大津市園山3-3-7(研究東3号館SCC)
  東レリサーチセンター 構造化学研究部第2研究室 三橋宛
  Tel:077-533-8617

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ 0120-95-2186(フリーダイヤル)
  • Eメールでのお問い合わせ(「異物分析問合せシート」や異物画像を添付) 
    bunseki(at)trc.toray.co.jp  ※(at) は @ に置き換えて下さい。


※「異物分析問合せシート」は下記のどちらかをお使いください。
    →【エクセル版】【パワーポイント版

■中国での異物分析に関しましてもお問い合わせください。

株式会社東レリサーチセンター 海外営業部 松田幸久
TEL: 03-3245-5665
E-mail: Yukihisa_Matsuda(at)trc.toray.co.jp *

*: (at)は@に置き換えて下さい。