バイオアナリシス

(生体試料中の薬物濃度測定、バイオマーカー測定)

医薬品の研究開発において、その有効性や安全性を評価するために、ヒトや動物における薬物動態を把握することは、重要かつ不可欠です。そのため、血液や尿中の薬物、代謝物の濃度を正確に定量することが求められています。東レリサーチセンターでは、ヒトや動物の血液、尿、組織中の薬物濃度測定(TK測定、PK測定)に関し、低分子医薬品のみならず、抗体医薬、核酸、ペプチド、抗体薬物複合体(ADC)等の新しいモダリティにも積極的に対応しています。

また、医薬品の研究開発効率を高めるため、前臨床、臨床試験他、開発の各段階でのバイオマーカーの利用が加速しています。多種類のバイオマーカーの測定法開発にも取り組んでいます。

分析法の開発

LC/MS/MS(三連四重極、Orbitrap)、GC/MS、HPLCを用いて、生体試料中の超微量な薬物及び代謝物の定量法を迅速に確立します。また、抗体医薬、抗体薬物複合体(ADC)、核酸、細胞医薬等の新しいモダリティに対して、経験豊かな担当者がLBA(リガンドバインディングアッセイ:ELISA、ECL)により対応しています。

分析法バリデーション

ICH M10ガイドラインや、各局のバイオアナリシスのガイドライン・ガイダンスに従い、例えば、LC/MS/MSを用いた低分子医薬品の場合では、選択性、特異性、マトリックス効果、検量線及び定量範囲、真度及び精度、キャリーオーバー、希釈の妥当性、安定性及び注入再現性等を評価します。

前臨床・臨床段階における薬物・代謝物等濃度測定

薬物動態試験、安全性試験や臨床試験で採取された血液や尿中の薬物及び代謝物の濃度をGLP省令や信頼性の基準に従って、正確に定量します。
[GLP適合性調査:医薬品GLP提供試験等の一部受託(トキシコキネティクス測定)
評価結果:適合 令和元年12月26日]

タンパク結合率測定

血液中の薬物は、タンパク質と結合した状態(結合型薬物)と結合していない状態(非結合型薬物)で存在します。タンパク結合率の高い薬物は、結合率のわずかな変動で血液中の非結合型薬物濃度が大きく変化し、薬効や毒性の発現に大きな影響を与える可能性があります。限外ろ過法、超遠心法やデバイスを用いた平衡透析法によりタンパク結合率を評価します。

抗薬物抗体測定

タンパク医薬品を動物やヒトに投与すると、それが異物と認識されて免疫反応が生じ、抗薬物抗体が産生されることがあります。抗薬物抗体が中和活性をもったり、薬物動態を変化させ有効性や安全性に影響を及ぼす可能性があり、抗薬物抗体の測定は重要です。当社では、抗薬物抗体の測定を、LBA(ELISAやECL)により行います。

ADCC活性の評価

細胞を用いた医薬品の生物活性評価の問い合わせは年々増加傾向にあります。当社ではプロメガ社と本評価を比較的簡便に行うための細胞アッセイキットを使用できるライセンス契約を締結し、医薬品の申請資料の一部となる試験を行っております。

リアルタイムPCR

リアルタイムPCR法は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)によるDNAの増幅をリアルタイムに測定することで、鋳型となるDNAの定量を行なう方法です。7500 Fast Real-Time PCR Systemを導入して、ハイブリダイゼーション法として最も一般的に用いられるTaqMan®プローブ法を用いた分析サービスを提供しています。

分析メニュー

バイオアナリシス等の分析メニュー

項目 手法 評価項目
分析法の開発 LC/MS/MS
GC/MS
HPLC
選択性
検量線及び定量範囲
真度及び精度等
LBA 抗体の特異性
選択性
検量線及び定量範囲
真度及び精度
必要に応じて、抗体や二次抗体の安定性等
分析法バリデーション LC/MS/MS
GC/MS
HPLC
選択性
特異性
マトリックス効果
検量線及び定量範囲
真度及び精度
キャリーオーバー
希釈の妥当性
安定性
注入再現精度等
LBA 特異性
選択性
検量線及び定量範囲
真度及び精度
キャリーオーバー
希釈直線性とフック効果
安定性等
TK・PK測定 LC/MS/MS
GC/MS
HPLC
LBA
医薬品の濃度測定(GLP)
内因性物質(バイオマーカー)
薬物動態解析
タンパク結合率 限外ろ過法
超遠心法
平衡透析法
タンパク結合型薬物濃度
非結合型薬物濃度
タンパク結合率
抗体価の測定 LBA 抗体価
抗薬物抗体測定
(ADA測定)
LBA 抗薬物抗体測定
中和抗体測定 LBA
セルベースアッセイ
中和抗体測定
代謝物検索 LC/MS/MS 代謝物の構造推定
in vitro ADME
スクリーニング
生化学的手法 細胞透過性
代謝反応性
代謝阻害活性

LBA: ELISA、ECL等

リアルタイムPCRの分析メニュー

項目 分析対象 手法
mRNAの定量 mRNA Total RNA抽出
cDNA合成
TaqMan®プローブ法
(絶対定量・相対定量)
残留DNAの測定 DNA DNA 抽出
TaqMan®プローブ法
(絶対定量)
核酸医薬品の定量 RNAもしくはDNA DNAもしくはRNA抽出
TaqMan®プローブ法
(絶対定量)
バイオマーカー microRNA エキソソーム抽出
small RNAを含むTotal
RNA抽出
配列特異的逆転写
TaqMan®プローブ法
(相対定量)

分析事例検索はこちら