検査機器・MEMS・バイオセンサ

医療技術の進歩には検査機器の開発が欠かせません。生体内で起きていることを電気信号に変換して可視化や数値化する技術、内視鏡などのように体外から体内を観察する技術などが、先端の検査機器に使われています。当社が半導体の解析、材料の表面解析、バイオ分野での解析などを通じて培った様々な分析評価技術が、医療検査の分野における研究開発にお役に立ちます。

検査機器の評価

MEMS

バイオセンサの評価

3D-Gene®
DNAチップ

東レのDNAチップ3D-Gene®の販売及び受託解析を承ります。
生命の設計図である遺伝子の数は、ヒトの場合では約25,000種と言われています。DNAチップ(DNAマイクロアレイとも呼ばれます)は、これらの多数の遺伝子の状態を一度に調べ、生物の体の仕組みや病気の原因・状態を調べたり予測したりすることが可能なツールです。東レのDNAチップ3D-Gene®は独自に開発した技術を駆使することで、従来技術よりも高感度に遺伝子の情報を検出することを可能にしました。研究用DNAチップを製品化し、新しい生命現象の解明に寄与しているばかりでなく、微量のサンプルからより多くの遺伝子情報が得られるようになり、テーラーメイド医療の実現に向け、大きく貢献しています。

東レ3D-Gene®

分析事例検索はこちら