ガス分析

材料や製品は、様々なプロセスから生成され、そのプロセスによって発生するガスは、多種・多様な成分が含まれており、トラブルを引き起こす原因となる可能性があります。トラブルの原因を特定、解明するためには、実際に曝される条件を的確に再現した分析メニュ-が必要となります。

発生ガスが引き起こすトラブルの例

加熱時発生ガスの操作例

加熱操作はパ-ジ&トラップ法(P&T:ダイナミックヘッドスペ-スとも言う)とヘッドスペ-ス法(HS:スタティックヘッドスペ-スとも言う)の2つに大きく分けることができます。分析の目的に応じた選択が必要です。

捕集方法例

成分により捕集方法が異なるため、目的に応じた捕集方法を的確に選択する必要があります。

捕集方法 主な捕集成分
テドラ-バッグ、真空瓶 H2、CO、CO2、N2、O2、揮発性有機成分、その他ガス成分
吸着剤(活性炭など) C4~C30程度の一般的な有機成分
溶液(水、溶媒など) 酸性ガス(HF、HCl、NOx、SOxなど)、塩基性ガス(アンモニアなど)
低級脂肪酸(ギ酸、酢酸など)、低吸アミン(トリメチルアミンなど)
高沸点有機成分、高極性有機成分
誘導体化カ-トリッジ(DNPHなど) アルデヒド、ケトン、その他反応性有機成分
フィルタ- 粉塵、高沸点有機成分

加熱発生ガスの分析メニュー

プロセス 分析メニュ- 主な分析手法
開発 化学反応時生成ガス分析 GC、GC/MS
熱脱離GC、熱脱離GC/MS
TPD-MS、TG-MS(ガス分析)
FT-IR、HPLC、イオンクロマト
製造 樹脂成形時発生ガス分析
光照射時発生ガス分析
種々の工程(温度・湿度下など)での発生ガス分析
販売 梱包材・周辺環境からの微量汚染物の分析
使用 使用温度(室温付近)での微量発生ガス分析
使用環境雰囲気の分析
臭気トラブル解析
廃棄 燃焼生成ガス分析
地中温度での発生ガス分析
微生物による分解ガス分析
手法 主な測定成分
GC、GC/MS H2、CO、CO2、N2、O2、有機成分、その他ガス成分
熱脱離GC、熱脱離GC/MS C4~C30程度の一般的な有機成分
TPD-MS、TG-MS H2、H2O、CO、CO2、N2、O2、低沸点有機成分 その他ガス成分、発生成分の温度依存性
FT-IR CO、CO2、HCN、NOx、SOx、その他低分子ガス成分
HPLC アルデヒド、高沸点有機成分
イオンクロマト 酸性ガス(HF、HCl、NOx、SOxなど)、塩基性ガス(アンモニアなど)
低級脂肪酸(ギ酸、酢酸など)、低吸アミン(トリメチルアミンなど)

分析事例検索はこちら