電子ペーパー

電子ペーパーには、電気泳動方式や電子粉流体方式、ツイストボール方式など、様々な表示方法の研究がなされています。電子ペーパーに関する分析について、具体的な分析項目と代表的な分析手法を、マイクロカプセル電気泳動型電子ペーパーの分析を例に取り紹介します。
また近年、電子ペーパーやLCD、有機ELディスプレイなどの素子形成、配線などにも利用されているプリンタブルエレクトロニクス分野の分析例として、Agナノ分散インクによる印刷配線形成過程の分析手法について紹介します。

分析メニュー

マイクロカプセル電気泳動型電子ペーパー

構成材料 分析項目 分析手法
内部粒子
(白・黒色粒子)
形態観察 (S)TEM
元素分析、元素分布 TEM-EDX
表面修飾状態 FT-IR、 熱分解GC/MS
粒子比 ICP-AES、 TG
分散媒 組成分析 GC、 GC/MS
シェル 組成分析 FT-IR、 熱分解GC/MS
アミノ酸組成分析
粘着材 組成分析 FT-IR、 熱分解GC/MS

Agナノ分散インク

分析対象 分析項目 分析手法
Agナノイ分散インク 分散媒、添加剤 前処理・分離、分取GPC、FT-IR、NMR、MS、GC/MSなど
Agナノ粒子表面処理 前処理・分離、FT-IR-ATR、XPS、TOF-SIMS、熱分解GC/MS、化学分解分析
Ag配線 焼成Ag粒子の観察 断面TEM、SEM、光学顕微鏡観察
配線の深さ芳方向観察 SIMS、XPS
表面有機物分析 FT-IR-ATR、XPS、TOF-SIMS
配線形成過程 焼成時発生ガス分析 TPD-MS、P&T GC/MS

分析事例検索はこちら