排ガス・排ガス触媒

排ガス・排ガス触媒の分析メニューのうち排ガス触媒については、光触媒・触媒のメニューとほぼ同一のメニューになります。ここではin situ測定とPM分析のメニューについて示します。反応解析においては、測定前の詳細な打ち合わせや、多機能に渡っての報告に際し、ご希望により、全測定結果に対する取りまとめ、最終報告会等も開催いたします。
排ガス分析についても、多機能にわたる分析となるため、事前に十分な打ち合わせと、サンプリングを含め目的に応じた分析手法をご提案いたします。

分析メニュー

in situ分析のメニュー

触媒 in situ分析 分析手法 温度/℃ 導入ガスライン数
in situ測定 拡散反射法(DRIFT)による
FT-IR測定(DRIFT-FT-IR)
室温~700℃ 6系統
拡散反射法によるUV-VIS測定(DRIFT-UV-VIS) 室温~700℃ 6系統
ESR 室温~700℃ 6系統
EXAFS 室温~1100℃ 6系統
XRD 室温~1100℃ 1系統
TEM(粉末) 室温~1000℃ 真空中のみ
ex situ測定 前処理装置(XPS、TPD-MS、FT-IR、ESR等への試料調整) 室温~1000℃ 8系統

PMサンプリングのメニュー

捕集物 捕集法
粉じん、ばいじん、PM フィルター捕集
水分 吸湿管捕集
有機成分 固体(吸着剤)捕集
酸性ガス(超純水捕集)
有機成分(溶媒捕集)
液体捕集
アルデヒド類、ケトン類 誘導化捕集
無機ガス、有機ガス バック捕集

PM分析のメニュー

Soot(すす) 官能基分析 NMR、XPS、FT-IR
グラファイト構造 Raman、ESR、TG
SOF(有機溶媒可溶成分) 元素分析 C、H、N、IC
揮発性有機化合物 GC/MS
官能基 FT-IR
分子構造 NMR
分子量分布 GPC

分析事例検索はこちら