中国でリチウムイオン電池の評価が可能です

中国製リチウムイオン電池は世界市場で高いシェアを占めており、安全性などの性能への関心が日々高まっています。
リチウムイオン電池の海外への輸送は困難です。弊社では、現地法人である東麗分析技術開発(上海)有限公司(Toray Research Center (Shanghai) Co., Ltd. (略称:TRCS)「以下、TRCS」)を活用し、現地でリチウムイオン電池の評価が可能となっております。

TRCSに導入したグローブボックス内(図1)で電池から電解液を採取して分解、大型車載電池(80Ahr:単セル)にも対応可能です。


図1 グローブボックス

採取した電解液については、現地で添加剤を含めた高精度な組成分析(表1)を実施します。


表1 電解液の組成分析

その他、各構成部材につきましても日本と同様の構造解析結果を提供できます。
また、現地提携機関を活用した非破壊検査(X線CT装置)や、電池の安全性・充放電特性評価も可能です。

東レリサーチセンターは、現地法人であるTRCSの利点を最大限に活用し、今後益々拡大する中国の先端分析需要にお応えし、中国での事業拡大を進めて参ります。

お問い合わせ先

本内容に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。

株式会社東レリサーチセンター 海外営業部 松田幸久
TEL: 03-3245-5665
E-mail: Yukihisa_Matsuda[a]trc.toray.co.jp *

東麗分析技術開発(上海)有限公司
TEL: +86-21-3429-0155
E-mail: Inquiry_TRCS[a]toray.cn *

*: [a]は@に置き換えてください。