中国国内でガスや液体の評価が可能です

ガスや液体試料を中国から海外へ輸送することは困難です。近年、中国の輸出管理がより強化されており、今後は更に難しくなっていくことが予想されます。弊社では、現地法人である東麗分析技術開発(上海)有限公司(Toray Research Center (Shanghai) Co., Ltd. (略称:TRCS)「以下、TRCS」)を活用し、現地で液体やガスの組成分析が可能です。

TRCSでは、組成分析機能としてGC、GC/MSに加えてIC装置も保有しており、液体やガスに含まれる各種イオン成分についてppbレベルの精度で定量できます。

【図1】

また、固体からの抽出など、前処理を含めた対応も可能です。

例として、中国国内にて市販されているミネラルウォーターのIC分析結果を示します。

【図2】

成分 含量
(μg/mL)
定量下限
(μg/mL)
フッ化物イオン(F- <0.01 0.01
塩素イオン(Cl- 4.6 0.01
亜硝酸イオン(NO2- <0.01 0.01
臭化物イオン(Br-) <0.01 0.01
硝酸イオン(NO3- 12.3 0.01
リン酸イオン(PO43- 0.6 0.01
硫酸イオン(SO42- 7.8 0.01

【表1】

このように、水中アニオン検出し、固体や溶液中のアニオンを高精度定量分析が可能です。

東レリサーチセンターでは、現地法人であるTRCSの特徴を最大限に活用し、今後益々拡大する中国の先端分析需要にお応えし、中国での事業拡大を進めて参ります。

お問い合わせ先

本内容に関するお問い合わせは、下記にお願い致します。

株式会社東レリサーチセンター 海外営業部 松田幸久
TEL: 03-3245-5665
E-mail: yukihisa.matsuda.y2[a]trc.toray *

東麗分析技術開発(上海)有限公司
TEL: +86-21-3429-0155
E-mail: Inquiry_TRCS[a]toray.cn *

*: [a]は@に置き換えてください。