The TRC News

当社は、1982年1月に技術情報誌"The TRC News"を創刊し、以来一貫して、皆様の研究開発、生産トラブルの解決、品質管理等のお役に立つ分析技術の最新情報発信に努めております。2016年4月より、より迅速に最新情報を皆様のお手元にお届けし、利便性を高め、ご興味のある記事を探しやすくするため、月刊ウェブジャーナルとして発行させていただいております。

今月は、2019年6月に開催しました当社セミナー”第5回蓄電池ユーザーズミーティング”からのご紹介です。リチウムイオン電池の新規の材料開発や性能評価に有効なin situ分析技術の分析事例をご紹介します。当社では、研究開発に役立つ分析技術の開発を進めております。随時御覧いただければ幸いです。

最新号が掲載された際に、
メールでのお知らせをご希望の方は以下フォームからご登録ください。

The TRC News
配信メールへのご登録はこちら

2020年3月号

  • 記事No. 202003-01

    リチウムイオン電池材料への各種in situ分析の応用

    in situ分析技術は、充放電中の電極活物質の構造変化解析や電池内での反応分布を直接観測するために不可欠であり、この技術を活用することで、材料開発やセル設計を進める上で、重要な知見を得ることができる。また、電池を駆動させながら、ということに限らず、電池材料の熱安定性や化学構造の温度依存性を知ることは、製品の性能改善のために有効である。本稿では当社で取り組んでいる、充放電や温度変化などの各種in situ分析を紹介する。

    著者:構造化学研究部 青木 靖仁、辻 洋悦
    PDF FILE (PDF:486KB)

The TRC News記事内から検索