主な外部発表(口頭、ポスター等 および 投稿論文)

  • ※主として学会発表や学術雑誌等への投稿論文を対象とします。
  • ※共同研究機関の敬称は省略させていただきます。
  • ※●印は主席発表者

2015年11月

  • 工業材料におけるESR法の適用

    発表者
    ●沢井 隆利・山口 陽司
    学会・雑誌
    第54回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2015)
    種類
    口頭
    発表日
    11/3
  • 異種材料の接着 ~界面の分析~

    発表者
    ●泉 由貴子
    学会・雑誌
    色材協会関西支部主催 色材講演会
    種類
    口頭
    発表日
    11/4
  • キャピラリーゾーン電気泳動法を用いた環境水中のMn2+の測定

    発表者
    ●中島 沙知・田辺 健二・冨永 達哉・溝口 康彦
    学会・雑誌
    第35回キャピラリー電気泳動シンポジウム
    種類
    ポスター
    発表日
    11/5
  • インクジェット方式3Dプリントに関連する発生ガス分析と特性解析

    発表者
    ●日下田 成・平野 孝行・村岡 正義
    学会・雑誌
    第116回日本画像学会研究討論会
    種類
    ポスター
    発表日
    11/9
  • 化学的リチウム脱離処理を用いた電解液の酸化分解反応物の解析

    発表者
    ●青木 健志・織田 真実・冨永 達哉・織田 志保・ 児島 幸子・秋山 毅・青木 靖仁・森脇 博文
    学会・雑誌
    第56回電池討論会
    種類
    口頭
    発表日
    11/13
  • 定容法と偏光解析法による多孔質薄膜の細孔構造解析結果の比較

    発表者
    ●吉本 茂・伊藤 賢志1・細見 博之・高井 良浩
    (1:産総研)
    学会・雑誌
    第29回日本吸着学会研究発表会
    種類
    口頭
    発表日
    11/19
  • Ar-GCIBを用いた有機物深さ方向分析

    発表者
    ●柴森 孝弘
    学会・雑誌
    IONTOF社 2015 TOF-SIMS User's meeting
    種類
    口頭
    発表日
    11/19,20
  • LC/MS/MSによる生体試料中医薬品の定量にまつわるトラブルシューティング

    発表者
    ●竹澤 正明
    学会・雑誌
    日本分析化学会第293回液体クロマトグラフィー研究懇談会
    種類
    口頭
    発表日
    11/20
  • Charged Walls in Hybrid Improper Ferroelectric (Ca,Sr)3Ti2O7 Revealed by Scanning/Transmission Electron Microscopy(S/TEM)

    発表者
    ●K. Kurushima, S-W. Cheong1 and S. Mori2
    (1:Rutgers Univ., 2:Osaka Pref. Univ.)
    学会・雑誌
    第二回東アジア顕微鏡学会(EAMC2)
    種類
    ポスター
    発表日
    11/25
  • Three-dimensional analysis of exhaust gas catalyst using energy dispersive X-ray tomography

    発表者
    ●S. Inamoto, A. Yoshida, N. Kaneko and Y. Otsuka
    学会・雑誌
    第二回東アジア顕微鏡学会(EAMC2)
    種類
    ポスター
    発表日
    11/25
  • 高感度蒸気吸着法によるシリカ多孔質薄膜のサブナノ空隙評価

    発表者
    ●吉本 茂・伊藤 賢志1・大島 永康1・細見 博之・高井 良浩・
    オロークブライアン
    (1:産総研)
    学会・雑誌
    膜シンポジウム2015
    種類
    口頭
    発表日
    11/26
  • MS/MS

    発表者
    ●竹澤 正明・大野 美季
    学会・雑誌
    LC days 2015(日本分析化学会 HPLC研究懇談会)
    種類
    口頭
    発表日
    11/26
  • カラムスイッチングによる除タンパク分析種の濃縮

    発表者
    ●竹澤 正明
    学会・雑誌
    LC days 2015(日本分析化学会 HPLC研究懇談会)
    種類
    口頭
    発表日
    11/26
  • Main-Chain Stiffness and Helical Conformation of a Poly(quinoxaline-2,3-diyl) in Solution

    発表者
    Yuuya Nagata1, Hirokazu Hasegawa, Ken Terao2, and Michinori Suginome1
    (1:Kyoto Univ., 2:Osaka Univ.)
    学会・雑誌
    Macromolecules, 48 (21), pp 7983–7989(2015)
    種類
    報文
    発表日
    2015年11月