主な外部発表(口頭、ポスター等 および 投稿論文)

  • ※主として学会発表や学術雑誌等への投稿論文を対象とします。
  • ※共同研究機関の敬称は省略させていただきます。
  • ※●印は主席発表者

2015年5月

  • CL法を用いたSiC MOSFETの残留欠陥評価

    発表者
    ●杉江 隆一・内田 智之・小坂 賢一・松村 浩司
    学会・雑誌
    第71回日本顕微鏡学会
    種類
    口頭
    発表日
    5/14
  • 金属ナノ粒子の局在表面プラズモン共鳴におけるEELS/CL間のピークシフト

    発表者
    ●川崎 直彦, Sophie Meuret1, Mathieu Kociak1, Odile Stéphan1
    (1:Laboratoire de Physique des Solides CNRS/UMR 8502, Université Paris-Sud)
    学会・雑誌
    第71回日本顕微鏡学会
    種類
    口頭
    発表日
    5/14
  • HAADF-STEM法によるMn3Cu1-xGexNの局所構造解析

    発表者
    ●久留島 康輔・竹中 康司1・森 茂生2
    (1:名大院工、2:阪府大院工)
    学会・雑誌
    第71回日本顕微鏡学会
    種類
    口頭
    発表日
    5/14
  • 酸化還元処理セリアジルコニアナノ粒子の原子分解能元素分析

    発表者
    ●稲元 伸・国須 正洋・八尋 惇平・大塚 祐二
    学会・雑誌
    第71回日本顕微鏡学会
    種類
    口頭
    発表日
    5/14
  • 位相微分コントラストSTEM法を用いたらせん磁気構造観察

    発表者
    ●小山 司・松元 隆夫1・幾原 雄一1、柴田 直哉1 
    (1:東京大学)
    学会・雑誌
    第71回日本顕微鏡学会
    種類
    口頭
    発表日
    5/14
  • ICP-AESによる組成分析の高精度化への取り組み

    発表者
    ●小島 徳久
    学会・雑誌
    プラズマ分光分析研究会 第94回講演会
    種類
    口頭
    発表日
    5/15
  • AOS分析から見えてくること

    発表者
    ●井上 敬子
    学会・雑誌
    酸化物半導体討論会・東工大 応用セラミックス研究所
    種類
    口頭
    発表日
    5/18
  • 赤外分光法を用いた半導体材料評価への取り組み

    発表者
    ●関 洋文
    学会・雑誌
    FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム2015
    種類
    口頭
    発表日
    5/21
  • 超高速DSCを用いた、ポリアクリロニトリル(PAN)の熱的特性に関する研究

    発表者
    ●古島 圭智
    学会・雑誌
    STARe Infodays 2015 メトラー・トレド熱分析セミナー
    種類
    口頭
    発表日
    5/20
  • ICP-MS/MSによるMoマトリクス中の微量Cd測定

    発表者
    ●藤崎 一幸・白瀧 絢子・坂口 晃一・佐藤 信之
    学会・雑誌
    日本分析化学会 第75回分析化学討論会
    種類
    ポスター
    発表日
    5/23
  • ICP-MS/MSによるCaマトリクス中の微量As,Se測定

    発表者
    ●藤崎 一幸・白瀧 絢子・坂口 晃一・佐藤 信之
    学会・雑誌
    日本分析化学会 第75回分析化学討論会
    種類
    ポスター
    発表日
    5/23
  • SEC-MALS-VISCOおよび放射光小角X線散乱を用いたポリ(キノキサリン-2,3-ジイル)の希薄溶液物性

    発表者
    ●長谷川 博一・寺尾 憲1・長田 裕也2・杉野目 道紀2,3
    (1:阪大院理、2:京大院工、3:JST-CREST)
    学会・雑誌
    第64回高分子学会年次大会
    種類
    口頭
    発表日
    5/27
  • 抗体医薬品を含めたバイオ医薬品の特性解析

    発表者
    ●水野 保子
    学会・雑誌
    第22回クロマトグラフィーシンポジウム
    種類
    口頭
    発表日
    5/28
  • LC-MS/MS法を用いた生体試料中抗体医薬品の分析法構築と実例に基づいた性能評価

    発表者
    ●櫻井 周
    学会・雑誌
    第22回クロマトグラフィーシンポジウム
    種類
    口頭
    発表日
    5/28
  • Non destructive stress evaluation by Raman spectroscopy of flip chip thin die on organic substrate assembled by TCB

    発表者
    ●Toshihisa Nonaka, Ryuichi Sugie, Aki Suzuki and Mototaka Ito
    学会・雑誌
    ECTC2015, 65th Electronic Components and Technology Conference
    種類
    口頭
    発表日
    5/29
  • Tiered approach to metabolite quantification: regional practices reviewed by Japan Bioanalysis Forum discussion group

    発表者
    ●Makoto Niwa1, Takahide Uchimura2, Nozomu Koseki3, Masahiro Satsukawa4, Yoshitaka Hashimoto5, Tsuyoshi Mayumi6, Yutaka Yasuda & Hiroyuki Yokoi7
    (1:Nippon Kayaku、
    2:Chugai Research Institute for Medical Science、
    3:Kyorin Pharmaceutical、
    4:Kaken Pharmaceutical、
    5:Ono Pharmaceutical、
    6:Mitsubishi Tanabe Pharma、
    7:Otsuka Pharmaceutical)
    学会・雑誌
    Bioanalysis, 7(8), 935–938 (2015)
    種類
    報文
    発表日
    2015/5月
  • 医薬品研究開発における代謝物定量法の段階的アプローチ~バイオアナリシスフォーラムディスカッショングループDG2013-03における議論からの考察~

    発表者
    ●丹羽 誠1・内村 隆秀2・小関 望3・薩川 正広4・橋本 義孝5・真弓 剛6・安田 穣・横井 宏之7
    (1:日本化薬、2:中外医科学研究所、3:杏林製薬、4:科研製薬、5:小野薬品、6:田辺三菱製薬、7:大塚製薬)
    学会・雑誌
    医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス 46巻 5号、2015年
    種類
    報文
    発表日
    2015/5月
  • Japanese bioanalytical method validation guideline: the world's first regulatory guideline dedicated to ligand-binding assays

    発表者
    ●Mami Imazato-Hirano1, Yoshitaka Taniguchi, Masaaki Kakehi2, Yoji Kuze2, Takahiro Nakamura3, Yoshiyuki Minamide4, Kazuhiro Miya5, Jun Hosogi6, Masataka Katashima7, 8, Kotaro Maekawa8, 9, Haruhiro Okuda9, Shingo Niimi10, Nana Kawasaki10, Akiko Ishii-Watabe10, and Noriko Katori10
    (1:Novartis Pharma, 2:Takeda Pharmaceutical,
    3:Shin Nippon Biomedical Laboratories,
    4:Shimadzu Techno-Research, 5:Chugai Pharmaceutical,
    6:Kyowa Hakko Kirin, 7:Astellas Pharma,
    8:Japan Pharmaceutical Manufacturers Association (JPMA),
    9:Hisamitsu Pharmaceutical,
    10:Nationallnstitute of Health Sciences)
    学会・雑誌
    Bioanalysis, 7 (9), 1151-1156 (2015)
    種類
    報文
    発表日
    2015/5月
  • [総説] ガスクラスターイオンビーム(GCIB)を用いた高分子の深さ方向分析

    発表者
    ●萬 尚樹・吉川 和宏・松田 和宏
    学会・雑誌
    日本接着学会誌 vol.15, No.5, 2015
    種類
    報文
    発表日
    2015年2月