分析基礎講座【リチウムイオン電池の構成材料の成分分析と劣化分析】

開催日時
2019年9月13日(金)13:00~16:30
【申込締切:2019年9月12日(木)】
会場
東京都中央区日本橋本町1-1-1 METLIFE日本橋本町ビル8階
地図はこちら (Google Map)
受講料
45,000円(税込)
<アカデミック価格について>
講師
株式会社東レリサーチセンター 研究部門 主任研究員 森脇博文

諸注意・確認事項を確認の上、申し込む

講座概要

リチウムイオン電池(LIB)は小型電子機器から電気自動車まで、幅広く活用されており、様々な電池の中で最も注目されています。本講座ではLIBの電極材、電解液、セパレータなどの構成材料の成分、ならびに耐久試験前後での変化を解析した劣化評価について、適用する分析手法と解析事例を中心に紹介いたします。

カリキュラム

解体分析の概要
  1. 解体分析の流れ
  2. 不活性雰囲気での適用
構成材料の成分分析
  1. 正極(SEM,SEM-EDX,ICP-AES,ラマン)
  2. 負極(XRD,ラマン)
  3. 電解液(GC,GC/MS,溶液NMR,ICP-AES)
  4. 電極バインダ(溶液NMR,燃焼IC,熱分解GC/MS)
  5. セパレータ(SEM,FT-IR)
劣化分析事例(耐久試験セルの劣化分析事例)
  1. セル内部のガス組成分析(GC,GC/MS)
  2. 電解液の変成物の組成分析(GC/MS,LC/MS)
  3. 電極被膜の分析(XPS,TOF-SIMS,NMR)
  4. 活物質の構造変化(STEM-EDX、ラマン)
  5. 電極バインダーの劣化評価(固体NMR,燃焼IC)

諸注意・確認事項を確認の上、申し込む