メッセージ

東レリサーチセンター ミッションスローガン

東レリサーチセンターは、40周年を迎えるにあたり、ミッションスローガン“INNOVATION IN. EXCELLENCE UP.”を定め、そのロゴマークを制定しました。このスローガンは、当社が、自らのイノベーションによって、お客様の研究・開発や、そこから生まれる製品を最上のものとするという、研究・開発支援企業としての使命を表しています。
また、ロゴマーク化にあたり、多種多様な言語や文化を超えて企業理念・企業意志を明確にし、革新性・先進的・繋がり・拡がり・グローバル等の活動を表現できればとの思いを込めてデザインされています。

ご挨拶

高度な技術で社会に貢献する。 株式会社 東レリサーチセンター 代表取締役社長 川村 邦昭高度な技術で社会に貢献する。 株式会社 東レリサーチセンター 代表取締役社長 川村 邦昭

東レリサーチセンターは、東レ株式会社の研究開発部門から、1978年6月に独立して発足しました。「高度な技術で社会に貢献する」という基本理念に基づき、研究開発や生産技術における「新製品・新機能の創出」、「原因解析」や「課題解決」の要請に対して、分析や物性解析による技術支援を行ってまいりました。

創業以来一貫して、皆様のお役に立ち、信頼を得ることを第一の目標として、「信頼性の高い技術を提供させていただくこと」(Technology)、「機密保持を厳守すること」(Trust)をモットーに努力を続けてまいりました。

高度情報化社会の進展や、環境・エネルギー問題の地球規模での広がりの中で、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、および、さらなる革新技術が、新しい製品や新しい仕組みを創造して行くものと予想されます。激しい技術進歩の中で、皆様のご要望にお応えするために、独自開発した分析機器や最新で最高性能の設備を揃え、社員の不断の努力とたゆまざるイノベーション(改革と創造)により「技術水準」と「信頼性」のいっそうの向上をはかり、「総合的な研究開発支援企業」を目指してまいります。

「先端分析」には、新たな「科学」を切り拓く力があります。新素材・新機能・新製品・新プロセスの創出と、製品・製造トラブルにおける高度分析による課題解決支援こそが、東レリサーチセンターの存在意義であると私たちは考えております。

当社は、今後ともCSR活動に注力し、正しいデータ解析結果の提供に加え、クリーンな経営に常に心がけると共に、東レ株式会社のグループ企業として、社会的責任を果たしてまいります。

これからも、一層のご鞭撻とご支援を賜りますようお願い申し上げます。