医薬・バイオ

既知、未知の天然物、医薬品、代謝物、不純物などの構造解析を行うことが求められていますが、微量であったり、壊れやすかったり、その手法は工夫が必要です。当社では、LC/MS、LC/MS/MSとあわせてLC-NMRを用いることで、微量成分を単離することなく有用な構造情報を得ることができます。また、酵素免疫測定法では、分離という手段を省略して生体成分中の物質を測定することができます。

酵素免疫測定法

Enzyme-Linked Immunosorbent Assay: ELISA

抗原抗体反応を利用した抗原(タンパク質など)の濃度測定が可能です。
マイクロプレートのウェル中で抗原抗体反応を進行させ、最終的に酵素反応により可視化させます。
濃度既知の抗原を測定することにより得られる検量線から逆算することで、濃度未知の試料中に含まれる抗原濃度を測定することができます。

液体クロマトグラフィー質量分析法

Liquid Chromatography / Mass Spectrometry: LC/MS

LC/MS/MS

質量分析計の前段にクロマトグラフィーを配置して分離を行うことで、混合試料を感度よく測定することが可能です。
測定対象は低分子化合物に留まらず、タンパク質酵素消化物の測定によるプロテオーム解析や、様々な代謝物をターゲットにしたメタボローム解析などに欠かせない分析法となっています。

LC-NMR

Liquid Chromatography - Nuclear Magnetic Resonance: LC-NMR

液体クロマトグラフィーとNMRを直結することで、高感度・分離ステップの軽減が可能です。
微量成分(不純物・分解物・代謝物 等)や分離・精製によって壊れてしまう不安定物質の構造解析に威力を発揮します。特に、異性体間の構造の違いを同定したい場合など、構造の決め手となる情報が得られます。