'TORAY'Innovation by Chemistry

Toray Research Center

  • HOME
  • 分析対象機能別
  • 分析対象対象別
  • 分析メニュー
  • 分析事例
  • お問い合わせ
HOME > 分析事例 > セルベースアッセイ(CBA)
 

分析事例

対象別

セルベースアッセイ(CBA) 事例(4)

高感度non RI CDC活性測定

その他の分析事例はこちら

抗体医薬の主要な薬効であるCDC活性測定法を紹介する。トラディショナルCDC活性測定法として、放射性同位元素51Crを利用した51Cr放出試験がある。しかし、世界的にnon RIの傾向があることから、RIを使用しない高感度non RI CDC活性測定法を開発した。

CDC(補体依存的細胞障害)活性測定

抗体:ヒトキメラ抗CD20抗体
補体成分:ヒト新鮮血清由来補体

標的細胞:CD20陽性ヒトB細胞リンパ腫

抗CD20抗体 - + - +
補体 - - + +

補体による毒性がほとんど認められず、高感度なCDC活性測定法であることを確認した