目的別 調査事例

技術課題の解決手段を知りたい

エネルギー分野における研究テーマ探索調査
各種統計、市場データ、学術文献、有識者ヒアリングなどの調査を総合的に実施し、エネルギー需要の現状把握と将来動向の考察を行いました。さらに、今後注力すべき研究開発分野を提言しました。
樹脂の耐熱性向上に関する技術調査
樹脂の熱劣化対策を講じるため、耐熱性向上に資する技術情報を調査し、用途先への適用妥当性を考察しました。
樹脂の劣化メカニズムと対策
劣化現象の要因と対策を考察するため、指定された樹脂・ゴムの劣化メカニズム、添加剤、劣化防止剤、加速劣化試験等を調査しました。
異種材料接着における問題の要因に関する調査
異種材料間で起こっている問題現象を解決するため、類似事例と要因に係る情報を収集し、専門家のヒアリングを経てその要因を考察しました。
注目材料の研究開発機関調査
お客様が注目されている材料開発を進めるため、同材料の研究開発機関を調査し、共同研究の提携先候補を提案しました。
代替フロンの開発動向
オゾン層破壊・地球温暖化の防止策として色々な代替フロンが開発されています。
代替フロンの開発状況と課題・解決法に関し、調査しました。
従来材料の代替となる樹脂の探索調査
特定用途の金属材料の代替となりうる導電性樹脂について、学術情報を用いて探索しました。
接着剤用樹脂の探索調査
複数条件を満たす接着剤用樹脂を学術論文より収集し、有用な候補の考察を行いました。
ガラス材料に係る調査
ある特徴を有するガラス材料について研究開発動向、有望性、今後の方向性等について、学術論文の調査とともに有識者ヒアリング調査を実施しました。
淡水化技術動向
水資源確保に貢献する淡水化技術について、課題・解決法をまとめました。
低利用農水産資源の有効活用
低利用または未利用のまま廃棄されている農水産資源に関する調査を実施し、その有効活用法やリサイクル用途等について提案を行いました。
バイオ系発電装置に関する研究開発動向と課題
バイオ系発電装置(燃料電池など)に関する調査を実施し、国内外の研究開発動向および技術開発課題について解析しました。
電子部品の性能評価と課題
電子部品の性能評価・性能向上の方法、及び、技術課題について調査をしました。

研究テーマや技術シーズを探索したい

特定物質(材料)に関する研究動向調査
研究テーマ探索の一助として、国内外で取り組まれている特定物質(材料)に関する研究動向を概観したうえで、お客様が注目する分野での具体的適用事例を情報整理しました。
材料系技術シーズ調査
材料系技術シーズを調査し、新しい材料技術発掘の一助となる情報をまとめました。
人工光合成の技術動向調査
人工光合成分野の研究開発について、国内外の技術動向や主要機関の取り組み状況をとりまとめ、お客様の研究テーマ探索に資する資料を作成しました。
分析技術の動向調査
最新の分析技術について、論文調査や有識者ヒアリングにより調査し動向をまとめ、お客様の技術シーズ探索に資する資料を作成しました。
バイオマス由来の機能性物質に関する情報収集
新たな研究テーマ探索のため、バイオマス由来の機能性物質情報を網羅的に収集し、その機能や由来についてとりまとめました。
高齢者支援のための医療機器・福祉機器の研究開発動向
寝たきり防止・痴呆の予防など高齢者の抱える課題について情報を収集し、分析を行いました。有識者で構成された検討委員会によるレビューを経て、高齢者の自立支援を目的としたプロジェクトの立案に対する提言を行いました。
カーボンナノチューブの応用可能性
カーボンナノチューブの応用可能性・有望性を評価するために、指定用途への応用のための技術課題・市場動向等をまとめました。
技術シーズ集の解析と産業化イメージ
研究開発機関の技術シーズ(約900件)を集約し、各技術シーズの特徴や技術戦略マップとの関連について解析しました。特に有望なシーズの産業化イメージを「見える化」して分かりやすく紹介しました。

技術の評価をしたい

開発材料のパテントクリアランス調査支援
お客様の開発材料に係る特許侵害予防調査のための検索式を立案し、対象国別の出願状況を明らかにしました。
特定の材料分析法に係る調査分析
特定の材料分析法について、学術文献および特許情報からお客様の関心のある分析軸で多観点の解析を行い、その分析法の用途可能性を考察しました。
天然資源由来物質に関する技術調査
竹抽出物・天然資源抽出物の技術動向を文献調査し、竹の有用性を明らかにしました。また国内で実施しているバイオマス利用プロジェクトの現状と課題を調査し、プロジェクトの優位性を検討しました。
蓄電池事業における製造装置業界の基礎調査
大型リチウムイオン電池の日本の国際競争力を維持するための製造装置業界の課題とその現状を明らかにするため、有識者ヒアリングを実施し情報収集しました。
新規布帛の事業化可能性
新規布帛の物性測定・解析を行ないました。候補となる用途分野のニーズ・市場規模・価格帯をまとめました。新規布帛の事業化可能性を評価しました。
ライフサイエンス系研究成果の評価
ある研究機関において実施された研究プロジェクトについて、その実施内容や結果等について整理を行い、研究成果に対する評価を行いました。
植物による環境浄化の評価・技術動向
汚染土壌の浄化技術を評価しました。その際、ファイトレメディエーション(植物による環境浄化)における、新規植物開発(遺伝子組み換え)の観点を考慮しました。
透明導電性材料のニーズと市場
タッチパネル・導電性インキ・帯電防止剤の用途を想定し、透明導電性高分子溶液・塗料の評価・ニーズおよび市場動向を調査しました。

技術の動向・将来展望を知りたい

環境・エネルギー分野

次世代二次電池の研究開発動向・特許動向
全固体二次電池、空気電池、硫黄電池などの次世代二次電池について、特許調査、論文調査、市場調査、政策調査などを実施し、今後日本が取り組むべき課題について考察しました。
二次電池・蓄電池に関する調査
各種二次電池・蓄電池についての最新の技術動向・市場動向を、特許・論文調査や有識者ヒアリングにより調査し、まとめました。
全固体電池の調査
全固体電池の実用化を予測するため、学術文献等から技術動向、課題、今後の方向性を解析しました。
環境対策技術に関する予測調査
製品のライフサイクル全体のCO2・廃棄物低減、有害物質の不使用につながる新規技術、開発動向および今後の技術の適用可能性について調査しました。
環境配慮型繊維製品
クールビズ対応など環境に配慮している繊維製品の種類、公定規格や自主規格の有無やその内容について調査しました。また、市場規模と各社の対応状況を調査しました。
環境保護政策に関する動向
各国の環境保護制度や生物多様性保全に関する取り組み、企業の取り組み等についてまとめ、今後の動向について考察を加えました。
CO2分離回収技術動向
CO2分離・回収技術について、技術動向、主要技術の選定、今後の分離回収法の展開や課題、課題克服の方策などについて調査しました。
レアメタル回収技術動向
電子部品など多くの分野でレアメタルが使用されていますが、今後さらに需要が増加し、不足すると予想されています。電子デバイスの製造工程におけるレアメタル回収技術について調査しました。
淡水化技術動向
水資源確保に貢献する淡水化技術について、技術動向をまとめました。
天然ガス分離の技術動向
天然ガス成分をメタノール合成に適した組成に調整する技術を検討するために、化学吸収法・物理吸収法・吸着法・ハイブリッド法等の技術調査を行いました。
バイオ系発電装置に関する研究開発動向
バイオ系の燃料電池などバイオ系発電装置について、論文・特許・ヒアリング調査により、国内外の研究開発動向および技術開発課題について解析しました。
メタノールを原料とした合成燃料製造プロセス
実証試験あるいは商用規模で行われている、メタノールを原料とした合成燃料の製造技術動向について調査し、研究開発機関、プラント規模、反応器の形式、製造条件、プロセスフロー等を取りまとめました。
植物バイオマスの研究動向
高生産性の植物の育種によりバイオマスを増加させるための光合成機能・ストレス耐性の改良に関する学術文献・特許文献等を調査し、研究動向をまとめました。
フロン代替物の工業的合成法
フロン代替物の合成法に関する特許情報を収集・整理し、合成経路を反応式としてとりまとめました。各素反応については、生成物・主原料・反応タイプ・バッチ/フローの別・触媒・副原料・反応温度・収率・副生成物の情報を整理してリスト化しました。
複合材料のリサイクル技術
炭素繊維強化プラスチックス(CFRP)は、軽量で強度が優れており車両や住宅など多くの場所で使用されています。CFRPのリサイクルの現状と課題について調査しました。

材料・化学分野

バイオポリマーに関する研究開発動向
バイオポリマーや生分解性プラスチックに関する研究開発・用途・実用化等の動向及び有望技術について、調査しました。
アクチュエータ・デバイスの開発状況調査
アクチュエータ材と適用されたデバイスの最新情報を収集し、開発状況の整理と技術的な課題の抽出を行いました。
化学物質等の毒性評価に関する文献調査
農薬等の化学物質の毒性試験結果や評価書の要約作成や翻訳を行いました。
ナノマテリアルの安全性に関する調査
各種ナノマテリアルに関し、流通量・今後の需要量予測・価格・製品中での利用形態・曝露の可能性などを整理し、安全性に関する研究や政策について調査しました。
機能性薄膜に関する技術開発動向
気体分離膜(有機薄膜、無機薄膜、等)について、薄膜調製技術、モジュール化・システム化技術、技術課題、課題解決の方向性等についてまとめ、今後取り組むべき技術開発テーマを選定しました。
軽量化材料開発動向
地球環境への負荷低減、CO2削減のために自動車などの軽量化が求められています。軽量化材料の開発動向を調査しました。
マグネシウム合金の技術課題と開発動向
軽量化高度部材として自動車や家電製品に使用されるマグネシウム合金について、加工技術、技術課題、研究開発機関、実用化事例等について調査しました。
樹脂の劣化メカニズムと対策
指定された樹脂・ゴムの劣化メカニズム、添加剤、劣化防止剤、加速劣化試験等を調査しました。
樹脂複合材料の技術動向
熱可塑性樹脂のナノ複合材料に関し、種類、技術開発課題、開発機関、技術開発動向などをまとめました。
低摩擦係数材料の研究動向
摩擦係数が低い材料の研究機関と研究の現状について調査を行い、共同研究のパートナー候補を提案しました。
透明樹脂への機能付与技術
指定された用途に利用することを想定し、求められる機能を透明樹脂に付与する技術の現状と研究開発動向について調査しました。
有機-無機ハイブリッドに関する技術動向
有機-無機ハイブリッド材料における、材料の組合せ、研究開発機関、製品化された際の波及効果などを調査しました。海外と比較した日本の優位・劣位分野を解析しました。
センサ用ナノ材料の技術動向調査
特定分野のセンサに有用なナノ材料について、学術論文より解析し、最新研究動向を調査しました。

電気・電子分野

高分子材料(電気・電子分野用)の開発動向
絶縁材料・導電性材料としての高分子材料(電子分野用)の現状を整理し、新規に活用可能な高分子材料の候補を提案しました。
導電性高分子材料の開発動向
導電性高分子材料について、主要メーカー、事業化状況、研究開発動向などを調査しました。
絶縁材料の開発動向
絶縁材料の性能や用途等、最新の研究・開発動向を調査しました。
セラミックス(電気・電子分野用)の技術動向
セラミックス(電子分野用)の特性向上に関する研究開発の動向を論文や研究者からのヒアリングにより調査しました。
プリント基板製造に関する技術動向
高周波対応のプリント基板について、現在の技術および研究状況、今後の技術見通しなどについて調査しました。
半導体材料の分析方法
半導体材料の分析方法、適用範囲、分析結果の解析方法、などについて調査しました。
脳活動の計測技術に関する研究開発動向
脳活動計測技術の最新動向を、学術文献・特許等の情報の解析により調査しました。また、脳研究全体における脳活動計測技術の位置づけをまとめました。
生体モニタリング技術と解析手法
ヒトの生理・運動機能に関する情報を収集して健康状況等をモニタリングする技術の開発の状況について、学術文献・専門書・統計資料等の情報を収集・解析しました。
感覚センサに関する技術調査
お客様が注目される感覚センサについて、学術論文やWEBより情報を収集し、各センシング・メカニズムの概説、最近の研究動向および製品状況を報告しました。

ライフサイエンス分野

再生医療研究向け材料の技術調査
再生医療分野に適用できる可能性がある材料について、競合製品や研究開発中の製品情報を収集しました。
ライフイノベーション分野での異分野技術の応用検討
ライフイノベーション領域において、異分野技術を活用している事例について調査しました。
血流解析技術の進展状況
ヒト血流動態の解析やコンピュータシミュレーションに関する研究について調査を行いました。
体内埋め込み材料に関する文献調査
特定の機能性を有する体内埋め込み医療材料についての情報を収集しました。
食品中の放射性物質に関する文献調査
畜産食品中に含まれる放射性物質について、国内外の文献を調査し、情報を整理しました。また、各国規制について調査しました。
バイオマスからの化学品製造技術に関する調査
バイオマスから製造される化学品の種類や製造技術に関して調査。有望な技術および化学品について検討した。
ナノバイオテクノロジーの研究開発動向
ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、ナノバイオテクノロジーの3分野に関し、国内外の研究開発動向を調査しました。ナノバイオテクノロジーに関する日本、米国、欧州での取り組みを考察し、将来の可能性を考察しました。
バイオイメージングの研究開発動向
バイオイメージングに関する研究開発を俯瞰し、指定の研究機関の潜在力を当該分野につなげる可能性を検討しました。
バイオポリマーに関する研究開発動向
バイオポリマーや生分解性プラスチックに関する研究開発動向について、将来性や有望技術の観点を加え調査しました。
生物由来バイオ材料の市場可能性
廃棄物から抽出されるバイオ材料について、その新規用途の検討や潜在市場規模の推定、原材料取得可能量の試算を行いました。
血液浄化材料技術の技術マップ
血液浄化材料技術に関する特許を解析し、技術マップを作成しました。血液浄化材料の技術要素、技術の進展や主要企業の技術開発活動、注目特許の解析などを行いました。
実験動物の観察・識別に関する技術動向
ストレスや損傷等を可能な限り少なくして実験動物を観察・識別する技術について、情報の収集・解析を行いました。当該技術の将来性・市場規模を予測しました。
バイオテクノロジー技術を利用した食品製造の技術動向・将来性
ある特定のバイオテクノロジー技術を利用した食品製造の最新動向について調査し、有望分野について考察しました。
食品加工法の技術動向
食品加工に新規に活用可能な技術の動向についてまとめました。
食品保存の技術動向
食品保存技術の技術マップを作成しました。処理・加工技術や製品開発動向、特定食品技術における地域性、新技術の用途展開、日本特許と対比した米国特許の特徴などについてまとめました。
海産物由来成分の活用技術動向
海藻などの海産物の有効成分を活用する技術の動向についてまとめました。
生物を利用した物質生産
生物を利用した物質生産に関して、細菌・藻類を利用した物質生産、植物・藻類改変技術の動向、微生物培養技術と有用物質生産の実用化動向を調査しました。
微生物/酵素を用いた化学品製造 (バイオプロセス)の研究開発動向
バイオプロセスに関する、国内外の研究開発動向・技術課題について情報の収集と解析を行ないました。今後、日本が取り組むべき研究課題について提案しました。
生物農薬の技術動向
生物農薬に関する特許を解析し、技術マップを作成しました。生物農薬の技術要素、技術の進展や主要企業の技術開発活動、注目特許の解析などを行いました。
腸内細菌の安定化技術の研究開発動向
腸内細菌を体内で安定化させるための技術の研究開発動向について、特許情報に基づき解析しました。さらに、安定化技術が用いられている製品に関する情報を収集し、製品サンプルを入手しました。
特許出願技術動向調査 内視鏡
内視鏡に関する国内外の特許・学術文献・市場に関する情報を幅広く収集し、技術開発の流れを解析するとともに、今後取り組むべき方向性等について提言を行いました。

市場の動向・将来展望を知りたい

特定素材の医療分野における用途
特定の素材について、医療分野での用途にどのようなものがあるかを調査しました。また、関連する医療機器の国内外の市場規模を調査しました。
診断薬の市場性
診断薬について、競合製品の状況、予測される市場規模、各国ガイドライン等の状況をもとに、その市場性を検討しました。
医療機器の国内市場
国内医療機器市場全体について、主要メーカー、市場規模を調査し、全体像を整理しました。また、特定の医療機器について、主要製品情報を収集し、国内市場の推計をしました。
バイオセンサの市場可能性
産業動物におけるバイオセンシングニーズと市場について調査を行いました。
ナノマテリアルの市場動向・安全対策に関する調査
各種のナノマテリアルについて、流通量・予測需要量・価格・用途・製品中での利用形態・曝露の可能性などの整理、およびナノマテリアルの安全性に関する研究や政策について調査しました。
軽量化材料の開発動向
地球環境への負荷低減、CO2削減のために自動車などの軽量化が求められています。軽量化材料の開発動向を調査しました。
炭素繊維強化複合材料の市場動向
高制振性の新規炭素繊維強化複合材料の期待される用途を抽出し、その各用途の市場規模・メーカーをまとめ、新規複合材料のライセンス先候補を選定しました。
超耐熱複合材料の市場動向
超耐熱複合材料(C/Cコンポジット、C/SiCコンポジット)について、国内外の市場動向・国内主要サプライヤー等を調査しました。
樹脂の販売実績および需要予測、用途別市場動向
国内・海外における樹脂の販売実績および需要予測をまとめました。
新規吸水性材料の市場動向
既存吸水性材料の用途・市場等を調査してまとめ、特異的吸着能のある新規吸水性材料の位置づけを明らかにし、新規吸水性材料の商品展開の可能性を解析しました。
多孔質無機材料製品の市場動向
上市されている多孔質無機材料のメーカー・製品(品番)・生産量・製造方法・特徴・用途・価格帯等について調査しました。
透明導電性材料のニーズと市場動向
タッチパネル・導電性インキ・帯電防止剤の用途を想定し、透明導電性高分子溶液・塗料の評価・ニーズおよび市場動向を調査しました。
貴金属微粒子・コロイドの市場動向
貴金属微粒子・コロイドを含有する化粧品の市場規模をまとめ、今後の市場規模推移を予測しました。
機能性食品の市場可能性
新規機能性食品の事業化可能性の検討として、想定顧客層へのアンケート調査のほか、凍結乾燥サンプルの試作を行いました。
生物由来バイオ材料の市場可能性
廃棄物から抽出されるバイオ材料について、その新規用途の検討や潜在市場規模の推定、原材料取得可能量の試算を行いました。
電磁波シールド材料の市場動向
電磁波シールド材について、市場ニーズ(ユーザー側の評価・要求特性・要求価格・市場規模等)を調査しました。
計測器の市場動向
市販されている計測器について、性能、特徴、適用範囲などについて調査をし、計測器の選定基準などを明らかにしました。
分析装置に関する市場動向
新規X線分析装置の市場規模・ユーザーなどについて調査し、宣伝先や販路などについて提案しました。
特定技術分野の最新トピックス調査
お客様ご指定の技術分野について、最新トピックスや関連研究会の動向をウォッチし、継続的に報告いたしました。

新技術・製品を事業化したい

特定バイオプラントの実用化可能性に関する調査
特定バイオプラントの実用化を見据え、プラントの大型化に関連した技術情報を収集・整理しました。
新規開発材料が適用可能な市場の予測
新たに開発した材料の機能を活用した製品や技術が展開できる市場規模を予測しました。
環境浄化装置の市場動向
VOCなどの揮発性物質による汚染を浄化できる新規開発装置の適用候補分野を検討し、販路や市場性について考察を行いました。
バイオイメージング研究への取り組みと可能性
将来の事業化を見据え、バイオイメージング研究の俯瞰およびある研究機関における研究ポテンシャルを当該研究につなげる可能性について検討しました。
高齢者支援のための医療機器・福祉機器の研究開発動向
寝たきり防止・痴呆の予防など高齢者の抱える課題について情報収集・解析を行いました。有識者の検討委員会によるレビューを経て、高齢者の自立支援プロジェクトの立案に関する提言を行いました。
実験動物の観察・識別に関する技術動向
ストレスや損傷等をほとんど与えずに実験動物を観察・識別する技術について、学術論文・ヒアリング等による情報の収集・解析を行いました。当該技術の将来性・市場規模を予測しました。
機能性食品の市場可能性
機能性食品の市場動向、研究動向をまとめ、新規機能性食品の潜在市場の推計および市場開拓事例等について調査を行いました。
調味料の市場動向
調味料の参入メーカー・市場シェアをまとめ、今後の動向について考察しました。
発酵食品の市場動向
発酵食品について、関連・競合する商品の開発動向や市場動向を調査しました。また、それらに含まれる生理活性物質の利用方法や商品化方法等について提案しました。
生物由来バイオ材料の市場可能性
廃棄物から抽出されるバイオ材料について、その新規用途の検討や潜在市場規模の推定、原材料取得可能量の試算を行いました。
バイオ系高分子材料の代替可能性
バイオ系高分子材料で代替が可能と思われる樹脂を選定し、それら樹脂の用途、価格、必要な物性・機能特性等を調査し、まとめました。
生物を利用した物質生産
生物を利用した物質生産に関して、細菌・藻類を利用した物質生産、植物・藻類改変技術の動向、微生物培養技術と有用物質生産の実用化動向を調査しました。
地方特産品・資源の活用に関する研究開発動向
地方特産品の機能性向上や地方資源活用に関する研究開発動向について、まとめました。
低利用農水産資源・農水産廃棄物の有効活用
未利用のまま廃棄されている農水産資源・農水産廃棄物について調査し、有効活用法やリサイクル用途等について提案を行いました。
新規吸水性材料の市場動向
既存吸水性材料の用途・市場等を調査してまとめ、特異的吸着能のある新規吸水性材料の位置づけを明らかにし、新規吸水性材料の商品展開の可能性を解析しました。
新規布帛の事業化可能性
新規布帛の物性測定・解析を行ないました。候補となる用途分野のニーズ・市場規模・価格帯をまとめ、新規布帛の事業化可能性を評価しました。
有機化合物の新規利用可能性
ある有機化合物について、新規用途の事例や新しい分野への利用可能性について、特許や文献、新聞情報等をもとに幅広く探索を行いました。
電気自動車のインフラ調査
地球環境改善に寄与する事が期待されている電気自動車のインフラについて調査しました。
技術シーズ集の解析と産業化イメージ
研究開発機関の技術シーズ(約900件)を集約し、各技術シーズの特徴や技術戦略マップとの関連について解析しました。特に有望なシーズの産業化イメージを「見える化」して分かりやすく紹介しました。

規制や政策の動向を知りたい

欧米の化学物質管理規制動向
各種製品開発において、海外の規制に注目して対応していく必要があります。EU指令や米国の化学物質規制(TSCA)などの動向と必要な対策などについて調査しました。
化学物質管理用データ作成
製品中に含有される化学物質を管理するため、各物質の物性、化学特性、有害性などをわかりやすくまとめました。
REACH規制 (SVHC物質概要) 動向
EU規制REACHでは、SVHC(高懸念物質)について、消費者から要求があった時に情報を示す必要があります。そこでSVHCの物質概要を調査しました。
環境保護政策に関する動向
各国の環境保護制度や生物多様性保全に関する取り組み、企業の取り組み等についてまとめ、今後の動向について考察を加えました。
家庭内で使用される化学物質安全性に関する調査
一般家庭で使用される殺虫剤・除草剤・塗料等に使用されている化学物質をとりまとめ、化学物質の物性・安全性等を調査し、データシートを作成しました。
化学物質の安全性等に関する調査
指定された化学物質の毒性・安全性等について調査しました。(フッ素化合物,ヒ素化合物,水銀化合物,硫黄化合物,その他多数)

社会的受容性を調べたい

自社開発品のユーザー候補企業の情報収集
お客様の開発製品について、将来ユーザー候補となりうる企業を選出し、同企業に対して開発品の詳細なニーズをヒアリングしました。
ナノマテリアルの生体への影響に関する調査
ナノマテリアルの社会的受容性の検討として、ヒトの安全の観点から、ナノマテリアルの生体への影響を論じた多数の文献を収集しました。
ナノマテリアルの安全対策に関する調査
各種のナノマテリアルの、流通量・今後の需要量予測・価格・用途・製品中での利用形態等と、ナノマテリアルの安全性に関する研究や政策について調査しました。
菌の弁別法に関する市場の受容可能性に関する調査
ある菌類の弁別法に関する市場受容を考察するため、事業化のための現状の問題や市場規模等について調査を行いました。
生物由来バイオ材料の市場可能性
廃棄物から抽出されるバイオ材料について、社会的受容性の検討をするため、その新規用途の検討や潜在市場規模の推定、原材料取得可能量の試算を行いました。
生態に影響を与える注目化学物質に関する調査
注目化学物質の社会的受容性を検討する一助として、ヒトの安全の観点から物性、毒性を調査し、それらの生態影響についてまとめました。
電気自動車のインフラ整備に関する調査
電気自動車の実用化を見据えて、地球環境改善に寄与する事が期待されている電気自動車のインフラについて調査しました。

研究開発プロジェクトの支援・専門家会議を運営したい

特許動向調査
特定分野の特許出願動向調査において、専門家会議を設営・開催しました。討議結果にもとづき、動向の解析、技術開発の方向性等について報告書にまとめました。
食品分野の容器包装の製造管理調査
食品分野の容器包装の製造管理における情報伝達の実態について調査しました。調査では、専門家会議を開催し、有識者の討議結果を含めて最終報告書にまとめました。
重金属の健康影響に関する情報収集
重金属がヒトの健康に及ぼす影響に関する情報を収集しました。専門家会議を開催し、討議結果にもとづき健康影響評価に有益な文献を選定しました。
感染症のリスク評価
厚生労働科学研究の支援として、動物由来感染症に関する基礎データ収集、情報の取りまとめやリスク評価を行いました。
重金属による生体影響の評価プロジェクト支援
生体(ヒト・環境)に対する重金属の影響とそのメカニズムに関する研究プロジェクトにおいて、研究および評価のための委員会運営を支援しました。
ナノマテリアルの生体への影響に関する調査
ナノマテリアルの生体への影響の研究プロジェクトで必要とされる多数の文献を適切に収集・整理し、有用性の高い資料を作成しました。
食品用器具及び容器包装合成樹脂に係る安全性調査・分析およびデータベース構築
食品用器具・容器包装樹脂に用いられる化学物質(添加剤・モノマー)の規制の国際整合化の検討のための、情報更新可能なデータベースを作成しました。
研究成果の取りまとめ支援
研究機関のライフサイエンス研究プロジェクトの成果発表に向け、実験データの取得・解析とプレゼンテーション資料のとりまとめ支援を行いました。

当社の受託分析機能を活用した調査をしたい

環境・エネルギー分野

化学物質曝露状況の調査・分析
化学物質は呼吸、飲食など様々な経路でヒトに曝露されます。ヒトの実際の食事の摂取内容とその食事中の化学物質を調査・測定し、飲食における化学物質の曝露量を把握しました 。
植物による環境浄化に関する調査・分析
汚染土壌の浄化技術を評価しました。その際、ファイトレメディエーション(植物による環境浄化)における、新規植物開発(遺伝子組み換え)して実施しました。

材料・化学分野

材料分析技術の調査
材料の物性や現象を捉える分析技術について、最新情報を含め系統的に情報整理することにより、分析技術を俯瞰できるようにとりまとめました。
化粧品類の安全性に関する調査・分析
化粧品の流通経路・販売実態・品質表示内容・使用原料などを整理し、使用原料の安全性・健康被害・国内外規制等について調査しました。子供用化粧品の消費実態も調査しました。使用されている色素を分析しました。
家庭内で使用される化学物質安全性等に関する調査・分析
一般家庭用の殺虫剤・除草剤・塗料等に使用される化学物質に関し、物性・安全性等を調査し、データシートを作成しました。

ライフサイエンス分野

食品の安全性に関する調査・分析
加工食品の成分分析を行い、検出された各成分についての安全性データを収集しました。これらの情報から、当該食品の安全性についての評価を行いました。
バイオリアクターの開発に関する調査・分析
特殊用途のバイオリアクターの実用化を目指し、使用する微生物のスクリーンニングや、バイオリアクターの実用化に向けた基礎検討を実施しました。
培養容器の表面改質技術の開発に関する調査・分析
特殊用途の細胞培養容器の開発のため、各素材の特質と表面改質方法の調査を行いました。候補素材について、実際に表面改質と培養試験評価を行いました。